各装置の説明

矯正専門医による適切な装置のご提案

一般的に「歯の矯正」というと、歯の表側に装着してワイヤーで連結されたものを想像されるかもしれません。しかしそれ以外にも、さまざまな種類があります。ここでは当院で取り扱う矯正装置、およびその治療法についてご説明いたします。

痛みが少なく目立たない、短期間で矯正できる「クリッピーC」

いわゆる「セラミックブラケット」の一種ですが、ブラケットとワイヤーを固定しない新しい矯正方法です。

治療期間の短縮

ワイヤーとブラケットをゴムや金属線で固定しないため、摩擦が大きく減って歯が動きやすくなりました。通常のブラケット矯正に比べて大幅に治療期間が短縮されています。

痛みがほとんどない

摩擦が低減されたことにより、抵抗が著しく少なくなって装着時の痛みがほとんど感じられなくなっています。

目立たず審美性にすぐれる

半透明のセラミックでつくられているため、従来の金属性に比べて目立ちません。また着色による汚れも気にならないため、審美性が大きく向上しました。

患者さまのご希望にあわせて選べる「セルフライゲーティングシステム」

こちらも、シャッター開閉式のブラケットと超弾性合金ワイヤーを使うことで、ゴムや金属線による固定を廃した新しい矯正方法です。力の度合いが「インタラクティブ(やや強い)」と「パッシブ(弱い)」の2つのタイプがあり、患者さまのご希望に合わせてお選びいただけます。

治療時間の短縮

こちらもワイヤーとブラケットをゴムや金属線で固定しないため、ゆとりが生まれて歯が動きやすくなりました。通常のブラケット矯正に比べて負荷が少なく、それでいて治療期間が短縮されます。

痛みが少ない

摩擦が低減されたことにより、強い力をかけなくても歯を動きやすくすることができます。抵抗が少ないので痛みを感じることも少なくなり、快適に治療を続けることができるようになりました。

歯と歯茎にやさしい

従来の歯列矯正は継続的に歯周組織に負荷を与えるため、血流や細胞への酸素の供給を妨げるリスクが常にありました。しかし、セルフライゲーティングシステムは歯根膜に与える力が弱く、生体にやさしい矯正装置となっています。

食事や歯磨きへの影響がない、目立たない矯正「インビザライン」

透明なマウスピースタイプの矯正装置です。

歯の表側に装着する透明な矯正「クリアブラケット」

歯の表側に装着するタイプの装置ですが、ブラケットが透明になっており、またワイヤーも白いため、口を開けてもさほど目立ちません。硬質プラスチックでつくられており、装着時の違和感や摩擦抵抗も少なくなっています。金属ではないので、歯が削れたり変色したりするリスクも発生しにくくなっています。

歯を限定的に移動させる「MTM(部分矯正)」

矯正装置ではないのですが、1~2本の歯だけを装置や外科的な方法で「引っ張り出す」「まっすぐに起こす」「回転させる」「引っ込める」などと動かしていく方法です。負担が少なく、矯正したことを気付かれにくいのも特徴です。

矯正治療と併せて実施する「外科矯正」

下顎または上顎の前突症や顔面非対称といった、歯というより骨格の問題による不正咬合に対して、顎の骨を削るなどする治療方法です。保険治療が適用されます。

  • 八尾市の矯正歯科 医療法人 高橋矯正歯科クリ二ック OFFICIAL SITE
  • 子どもの矯正専門ガイド 医療法人 高橋矯正歯科クリ二ック監修