専門医だからできる治療

3,000件以上の矯正治療を行ってきた、30年の実績とノウハウがあります

歯の矯正を専門的に行う矯正専門医は、専門的な知識や技能もさることながら、5年以上の経験が必要といわれます。
なぜでしょうか。
それは歯列矯正には長い期間を要するため、お一人の患者さまの治療を終了し、その後の経過を見てメンテナンスしていくだけでも最低3年ほどかかってしまうためです。
もちろん症例は患者さまによって十人十色です。ですから日々の知識向上や豊富な臨床経験を積むためには、やはり5年は経験がなければいけないだろうということで生まれた言葉なのだと思います。

当院院長は大学を卒業後、朝から夕方までは大学で治療業務、夕方からは民間医院で勤務、そして夜は再び大学で勤務というハードな日々を送ることで基礎的な腕を磨きました。そして1985年に個人開業、今日まで矯正治療を専門的に行ってきた、まさにスペシャリストといえます。

矯正専門医と一般歯科医の違い

最初に述べておきたいのは、「矯正専門医は矯正しかできない」というのは間違いだということです。当院は矯正専門クリニックではありますが、一般の歯科医療も熟知し、矯正治療中のさまざまな口腔内トラブルにしっかり対処してまいります。そうでなければ、すぐれた効果を発揮することができないからです。

その上で、矯正専門医として患者さまにとって治療効果・内容・期間・費用に至るまであらゆる要素を加味したバランスのよい、ベストの方法をご提案いたします。それを裏付けるのが、長年の経験に基づく診断力です。
歯列矯正はただ装置をつければよいというものではありません。もし患者さまから「この装置を付けたい」と要望があったとして、「じゃあ付けます」と即答するような矯正医がいたとすれば、これは怪しいと言わざるをえないでしょう。患者さまの症状はさまざまであり、お口の中の状況だけでなく、骨格や成長過程、遺伝などあらゆる要素を検討した上でのご提案でなければならないはずだからです。
一般歯科医にとって矯正治療に対する弱みは、まさにこの点にあるといえます。矯正治療の知識や経験の少なさから、解決策という引き出しを何段も持っている一般歯科医は多くありません。そのため改善のために用意できる選択肢が限られてしまいます。その上で、さらに矯正専門医の中でも知識と経験の違いから「ひきだし」の数は変わってくるでしょう。
当院はその知識と経験の豊富さはもちろん、時代に合わせて最先端の技術に関しても向上を怠りません。ぜひ一度ご相談をいただければ幸いです。

  • 八尾市の矯正歯科 医療法人 高橋矯正歯科クリ二ック OFFICIAL SITE
  • 子どもの矯正専門ガイド 医療法人 高橋矯正歯科クリ二ック監修